みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

Azerbaijan 2日目 -絨毯博物館-

楽しみにしていたのです.

f:id:mit0maru:20180311024421j:image

こんな建物,建ってしまうんだ!という興味と,アゼルバイジャンの絨毯はユネスコの無形文化遺産にも登録されているほどなので,展示品に対する期待は大きかったのです.

設計:フランツ・ヤンツ.竣工2014年.オーストラリア人の建築家だそうです.他にどんな作品を残しているのか,探してみたのですがわかりませんでした.

 

別のアングルから.長いです.

f:id:mit0maru:20180311024820j:image

 

中に入ると建設中の様子もパネル展示されています.

f:id:mit0maru:20180311025008j:image

建設中の写真を見た感じ躯体はSRC造で壁,屋根(一体?)はS造のようです.こういう現場,見てみたいです.

 

内部は曲面に沿うように絨毯が展示されています.

f:id:mit0maru:20180311025346j:image

この展示を見て,なるほど,絨毯展示については理にかなった建物形状なのかな,と思いました.たくさん展示されている絨毯が見やすいのです.

それにしてもいろんな種類の絨毯があって,製作の方法(糸を通す順番や模様のパターンなど)も様々なようです.

 

絨毯製作実演もやっていました. 

f:id:mit0maru:20180311025530j:image

模様は地域特有のものですが,以前モロッコで見た絨毯の製作方法と似ているようでそのことを思い出しました.一枚つくるのにも途方に暮れる作業です.

 

帰りは地下鉄で中心部に戻ります.地下鉄,バスは共通券ですが,ようやくこの駅でBakiカードを入手できました.

f:id:mit0maru:20180311025703j:image

地下鉄構内は写真は禁止なようで,壁にno photography のステッカーがありました.バスが新しいのに対して地下鉄の車両は長く使われてきたような感じがあります.

 

この後海岸沿いのショッピングモールにも行きましたが,モスクワの方が活気がある印象を受けました.中でもたいして休めるところがなく,お茶できるような所が見当たらず,長居せずに外に出ました.

ショッピングモールを出たところからはフレイムタワーのイルミネーションが見えました.何パターンかあるようです.

f:id:mit0maru:20180311025843j:image

それにしても寒い..,

帰りにスーパーでキュウリとトマトを買って宿で塩をかけて食べましたが,やはり野菜が美味しいです.普通のスーパーで,普通のキュウリもトマトを買ったのにどちらも甘みがあります.