みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

Azerbaijan 3日目 -Centro Heydar Aliyev-

 Здравствуйте!

 

これを見ずしては帰れない!と,やってきました.最高高さは74mだそうで非常に大きいので,遠くからでもわかります.設計:ザハ・ハディド,竣工:2012年.

f:id:mit0maru:20180311030544j:image

「ヘイダル・アリエフ」は前大統領の名前だそうです.

 

背後には集合住宅があり,これも単品では大きいはずなのですが,比較するととても大きいです. 

f:id:mit0maru:20180311030617j:image

 

展示空間は大きく2つに分かれて,一つはヘイダル・アリエフ前大統領の関連の展示,もう一つは企画展+上部は模型などの常設展のようです.美術館以外にも施設があるようですが,そちらには行きませんでした.

f:id:mit0maru:20180311030834j:image

 

歩き回って面白い空間です.

f:id:mit0maru:20180311030924j:image

 

どの方向から見ても新しい空間の発見があるように思います.

f:id:mit0maru:20180311030932j:image

 

こちらは模型展示コーナーでアゼルバイジャンの建築模型が展示されていますが,かなり精巧に作られていて,見ていて楽しいです. 

f:id:mit0maru:20180311031041j:image

 

大階段では座る人もすべって遊ぶ人もいます.

f:id:mit0maru:20180311030717j:image

 

空間が生き物みたい.照明の配置もここならではの空間に合っています.

f:id:mit0maru:20180311030805j:image

 

上から見るとこんな感じです. 

f:id:mit0maru:20180311030829j:image

展示しかり,美術館の建築そのものを堪能できます.やはり偉大な建築家だったんだなぁと.

 

ヘイダル・アリエフ・センターは丘の上にあり周囲は公園になっています.公園そのものはかなり広く,ところどころモニュメントがあります. 

f:id:mit0maru:20180311031114j:image

 

みなさんここで記念撮影しています.

f:id:mit0maru:20180311031122j:image

 

駅前にもどってきました.駅前は車が多数あり混雑しています.こちらの赤いバスがBakiカードのみで乗車できるバスです.バリアフリーで車椅子エリアもあり,椅子の配置もデザインされています.

f:id:mit0maru:20180311031154j:image

 

帰りに空港に行くバスを待つときにケバブ屋さんで購入.中身を写したかったのですが,きれいに切れるものも持っておらず,かじりかけですが...美味しかったです.

f:id:mit0maru:20180315060336j:image

 

空港では出国ロビーにはこんなものもありました.

f:id:mit0maru:20180315054520j:image

アゼルバイジャン,今回予定していたところはほぼ回れたし,ご飯も美味しかったし,旅の場所としては良い選択をしました.日本にいた時には,アゼルバイジャンに行くという発想は起こらなかったですが,こうやって訪れてみるとコンパクトに充実して楽しめる街でした.もう少し時間があったら遠方にも脚を伸ばしてみたいところでした.

 

夕方の飛行機に乗りましたが,帰宅したら22時半ころでした.さすがに疲れました.