みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

上層階の騒音

Здравствуйте!

 

 

ほぼ間違いないのですが,上層階の住人がディスコ調の音楽を流しています.ひどいときは朝7時半頃から夜10時半ころまで...お昼ご飯を食べていると思われる昼の何時間かは中断されます.週末に上層階まで行って扉から流れてくる音を確認したので間違いありません.一度気になると,お腹に響くビートがたまらなく,またか...という気分になります.時々,ピアノの練習とディスコが混ざっていて,よく一緒に音をだせるなぁと思ってしまいます.

ここで疑問なのは,こんなに見た目は丈夫そうな作りで,冬は家の中は暖かいし断熱もしっかりしてそうなのに, なぜ遮音されない,ということです.

ところが,これは誤解で,ロシアの住宅は断熱をしっかりしているわけではなく,むしろ熱を逃がしているという説もあります.断熱してしまうと冬に熱くなりすぎるとか.週末のアフタヌーンティーで会った方々に話してみたところ,どのお宅でも騒音問題はあるらしく,掃除機だとか足音で揉めたりしているとのことです.実際に建設現場を確認していないので,人づてに聞いた話しではありますが,ロシアの集合住宅では内装は各家庭で異なることがほとんどのため,遮音性能をあげたい場合は各家庭で内装工事をする時に遮音するとか.

我が家の場合,直接上層階に行って住人と揉めるのも避けたいので,(夫が)不動産屋さんに相談したところです.おさまってくれると良いけれど...

ちなみに,楽器の練習は私もしていますが,それはアパートの規約で平日の月曜から金曜,9時から19時までが可となっており,ロビーに張り紙もしているため,その範囲内で練習しています.