みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

入院2日目

Здравствуйте!

 

あまりの空腹で夜中も何度も目が覚め,腕には点滴の接続先がセットされたままで,あまり眠れない夜でした.

 

朝ごはんは9時から.またトースト2枚と紅茶.満たされないお腹…と,同時にたまに押し寄せる腹痛の波.おかわり!と言ってみたら,こんなのが出てきました.

f:id:mit0maru:20180804183510j:image

食べかけていますが,左は卵白焼き,右はカーシャ.卵白焼きは白身だけなので,味はほとんどなく,カーシャはほんのり甘い温かな牛乳味.どちらも美味しくはないです.ただ空腹よりはマシと完食.満腹になりました.

 

その後は,昨日診てくれた先生がやってきて,問診.点滴.

9時半くらいには夫が荷物を持ってきてくれました.今日が夫の仕事の休みの土曜日で良かったです.腹痛の波以外は本当に暇です.

 

昼ごはん.

f:id:mit0maru:20180804215349j:image

麺入りのスープ.クルトンみたいな硬いパン.洋ナシ.コンポート.紅茶.いずれも味は薄いです.食が進むような美味しい献立ではありません.ただ,洋ナシだけはケーキやタルトの上にのってそうな感じのやわらかく,甘いもので,美味しかったです.腹痛に耐えながら食べたので凄く時間がかかりました.

 

何度か点滴されます.

f:id:mit0maru:20180805032219j:image

私は点滴,採血の針を刺す瞬間がとても苦手なので,このような事態になるとかなり疲れます.

 

晩ご飯.

f:id:mit0maru:20180805032322j:image

だんだん量的にはグレードアップしている気がします.左の皿は衣のないコロッケのようなものと野菜を潰したもの(ベースはじゃがいも味?),ヨーグルト,パンとリンゴ,お茶.

しかし,晩ごはん登場の頃には,だらだら昼ごはんを食べたすぐ後でお腹はいっぱい.薬だか栄養剤だかが投与された直後にはフラフラして食べられずにいたら,食事も冷えてしまいました.結局パンは最後まで食べられず,残しました.

 

晩ごはんが来たあたりで,今日は退院出来ないと確信しました.腕に点滴の接続先がセットされているので,シャワーの使用を控えていたのですが,さすがに今日の晩は看護師さんに確認を取って使いました.いつ治るのか,出られるのか,思ったより長いので心配になってきました.