みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

книжный фестиваль

その後,赤の広場に向かいました.こちらはお魚ではなく,本祭りのようです.
f:id:mit0maru:20190603040726j:image

 

カテゴリー分けされたいくつものブースがあります.
f:id:mit0maru:20190603040548j:image

 

各ブースでは,そのカテゴリーの書籍が売られています.
f:id:mit0maru:20190603040800j:image

 

特設舞台もありました.この時はミュージカル(?)が催されていました.
f:id:mit0maru:20190603040731j:image

 

お話コーナーのようなものもありました.すべてロシア語なので,見ても聞いてもわからず雰囲気からの憶測です.

f:id:mit0maru:20190604155941j:image

 

さらに足を伸ばして,赤の広場の裏にある公園へ.ここの公園,隆起が激しいのですが,階段が少なくて,敷石の敷いた傾斜になっているのにいつも感心します.設計するの,大変そう...この地盤の下には,入り口を見つけましたが,一部(?)駐車場があるみたいです.
f:id:mit0maru:20190604155925j:image

 

橋と公園が交差しているこんなところもあります.この橋でモスクワ川を渡ることもできます.
f:id:mit0maru:20190604155933j:image

 

回遊性のある道.モスクワ川を望めます.人の多さから,ほぼ一方通行で写真左手のベンチに座ると通行の邪魔になりかねない感じでした.
f:id:mit0maru:20190604160015j:image

 

屋外ステージではお芝居が行われています.(音声はマイクにて).
f:id:mit0maru:20190604155956j:image

 

観客も気ままに.真剣に見ている人も,歩き疲れてここで休みながら見ている人もいました.
f:id:mit0maru:20190604160008j:image

 

観客と舞台の間は道になっていますので,普通に人は通行します.
f:id:mit0maru:20190604155947j:image

 

最後にすれ違った人がとても美味しそうにこれを食べていたので,つられ食い.お砂糖たっぷりでシナモン風味のパンといったところでしょうか.二人で食べてちょうど良かったです.
f:id:mit0maru:20190604160002j:image