みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

Stockholm + Kopenhagen 4日目 -移動

新年を迎えましたが,全く新年の雰囲気がありません.少し人通りが少ないのかもしれませんが,普段を知らないので,比較できません.昨日の晩は花火が打上っていたようですが,部屋からは見えなかったし,何か特別なこともありませんでした.テレビをつけましたが,新年らしき番組をやっているのかどうなのか確認できず.

そして,朝8時から朝食を食べましたが,もちろんこれもいつも通りです.

9:45過ぎホテルを出て,乗り納めに地下鉄で中央駅へ向かいます.

f:id:mit0maru:20200211220509j:image

ここから10:21に出発する鉄道でコペンハーゲンへ移動します.

 

余裕があるかと思ったのですが,結構ギリギリになってしまいました.それでも乗車時にロシアの鉄道のようにパスポートチェック(氏名確認)や乗車券チェックがないのでスムーズに乗れました.(乗車券は乗車後にチェックされました).
f:id:mit0maru:20200211220503j:image

この電車も走行中の揺れや音があまりなく,なかなか快適でした.もちろん車内ではインターネットが使えます.

 

軽食の(お子さまセットですが)パンケーキセットを頼んだらこんなものを受け取りました.手前の赤い箱には干しぶどうが入っています.水色の冊子は絵本.中央奥の四角いものはジャムです.
f:id:mit0maru:20200211220428j:image

国境を越えましたがパスポートコントロールはありませんでした.

 

時差もあるため,15:20過ぎに到着です.駅には改札など特に無いので,荷物を持ってホームを出ればOKです.

 

コペンハーゲンカードという交通券も含まれた観光用のフリーパスカードを購入しようと考えていたので,ひとまず今日は公共交通機関は利用せずに40分くらいかけて歩いてホテルへ向かいました.
f:id:mit0maru:20200211220447j:image

 

ちょっとストックホルムよりも南に来たつもりでいましたが,それでも16時過ぎには暗くなってしまいます.そして天気も良くないです.
f:id:mit0maru:20200211220438j:image

 

ホテルは1780年代の穀物倉庫を改築したもので,改築事例としてはなかなか面白かったです.始めバスタブの無い部屋でしたが,有りにしてほしいと伝えたところ,変えてもらえました.(事前にもバスタブ有り希望の旨,伝えていたのですが...)

 

ロフトになっており,少しカーブのある階段でつながっています.
f:id:mit0maru:20200211220519j:image

 

これはロフトの上から見たところ.倉庫時に使っていた梁を見せています.樹齢200年のポメラニア松を使用しているそう.

f:id:mit0maru:20200211220514j:image

 

ホテルに到着したらあまり早いとも言えない時間だったので,周辺を散策したものの夕飯はスーパーで購入することにしました.実は元旦だったのですが,コペンハーゲンでも特段元旦の雰囲気も感じる頃がなかったので,貧しい食事になってしまいました.奥の照り焼き弁当と手前のチャーハン.(ホテルで電子レンジを借りました).
f:id:mit0maru:20200211220454j:image

 

そして味噌ラーメン.
f:id:mit0maru:20200211220459j:image

物価はとても高いように感じましたが,町並みは整っていてきれいです.