みとまるスカヤのモスクワ記録

2018.01-モスクワでの日々の生活,建築,音楽,旅行などの記録.

Stockholm + Kopenhagen 2日目 -森の墓地

昨日は写真を撮り忘れましたが,朝食はこんな感じです.昨日は気づかなかったのですが,このホテルはワッフル焼き機もあり,これで焼いたワッフルがとても美味しく,さらにフワフワの甘さ控えめ生クリームと,とてもあっていました.(夫に)買(ってもら)うことはないと思っていながら,ワッフル焼きが欲しくなりました.
f:id:mit0maru:20200202060602j:image

 

そのほかのバイキングコーナー.

f:id:mit0maru:20200202060557j:image

 

フルーツの種類も充実していました.
f:id:mit0maru:20200202060550j:image

これはついつい欲張って栄養補給したくもなります.

 

まずはエーリック・グンナール・アスプルンド設計の森の墓地へ行くことにしました.地下鉄の券は駅の窓口で購入できます.20SEKのデポジットに100SEKからチャージでき,1回乗車すると75分有効で32SEKです.

モスクワのように地下深いのですが,エレベーターがどこにもあり(開き戸のエレベーターにはびっくり!),静かに走るので快適です.

 

最寄駅はこちら.
f:id:mit0maru:20200101211743j:image

 

目的地は最寄駅に隣接しており,この改札を背後に右側にあります.
f:id:mit0maru:20200101211924j:image

 

入るとすぐに目に入るのがこの風景.

f:id:mit0maru:20200101211505j:image

 

冬期で教会やビジターセンターが閉まっているのは残念でした.
f:id:mit0maru:20200101211540j:image

 

まさに大地に還る風景.ちょっとわかりにくいですが,両脇に墓石があります.
f:id:mit0maru:20200101211517j:image

 

一通りの見るべきポイントを見て,入り口付近の丘に戻ってきました.
f:id:mit0maru:20200101211613j:image

地下鉄18号線で乗り換え無しで行けるので,続いてアスプルンドの市立図書館に向かうことにしました.